妊娠中の体重管理について私が実践したマタニティビクス体験談

マタニティビクス

体重増加は妊娠から出産までの間にプラス10キロになりました。
妊婦とはいえ、太りすぎと先生にも体重管理を注意されたので、マタニティビクスを取り入れて
産後も続けて、出産直前よりも23キロの減量に成功しました。
妊娠中から産後まで、おすすめのダイエット方法ですよ!

里帰り出産の為自宅に戻ったら一気に体重増加

私は里帰り出産のため実家に帰る前までの32週までは体重増加もプラス3.5kgから4kgでキープしていたものの実家に帰った途端、帰省後10日足らずで体重が一気に増加しました。

そこで体重管理をするために、自宅でも簡単にできるエクササイズをやってみようと、マタニティビクスを行うことにしました。
マタニティビクスは妊娠中でも安心して楽しめる妊婦さんのためのトータルフィットネスの事を言います。
軽快なリズムに合わせたエクササイズは大きなおなかでも出来るようにプログラムされています。

マタニティビクスとは

エアロビクス運動をベースにつくられているので、お産に向けての体力アップや妊娠中の体重コントロール、産後の体型戻しに効果があります。
トレーニングやストレッチも腰痛、肩こり、便秘、足のつりなどの妊娠中の不快症状や、お産をイメージして作られているので、妊娠・出産に自信がもてるようになるというのがコンセプトだそうです。

マタニティビクスのやり方

マタニティビクスのやり方

このマタニティビクスというエクササイズは1回大体40分ほどで1部のウォーミングアップから始まります。
2部の応用編エクササイズとの2部構成になっていて2部では少しアップテンポのエクササイズになっており、お腹が大きい安定期には少しハードのような感じです。
これを私は1日1回陣痛が来る前日まで欠かさず行っていました。

マタニティビクスの効果

段々息も上がってきて夏場の出産だったので特に汗も沢山かきました。
始めた当初はテンポアップのエクササイズでは思うように体が動かず慣れるまでは大変でしたが、慣れてからはとても楽しく運動することもできました。
また、体重増加もそれ以降少しこってりしたものを食べても必ず運動するので、急激な体重増加も防ぐ事が出来ました。

安産そして産後ダイエットもマタニティビクス

妊婦野菜

出産においても、陣痛から12時間かかりましたが3700gを超える赤ちゃんの初産でこの位の時間だと優秀だと先生からも褒められるほどの安産でした。
また、産後の体重もみるみるうちに減少され今では産後7か月目で出産直前の体重より23kg減量しました。
元々体系的にも痩せにくい体質だったのがここまで体重が落ちたのでとても嬉しいです。
妊娠中の体重管理もそうですが産後にもとても効果があるマタニティビクスは私にとってとても貴重なエクササイズだったと思います。

妊娠中体重増加の恐怖

妊娠するとどうしても、体の体質は変わりやすくなると聞きます。
特に私は妊娠初期においても、殆ど悪阻もなく食べ物もほとんど好みの変化はありませんでした。
強いて言うなら妊娠初期はさっぱりした食べ物、特にお寿司やお刺身などの生ものや酢の物などを好んで食べていました。
逆に後期になると少しこってりしたようなマクドナルドのポテトやハンバーガーなどカロリーも少し高く、また甘いチョコレートやプリンなども好んで摂取していました。
5分でわかる葉酸サプリ口コミでおすすめの葉酸サプリでいいの?
妊娠中は、葉酸サプリを飲んできちんと必要な栄養摂取をしていましたがジャンクフードを食べ続けたのは反省すべき点でした